HOME >> 一般歯科

一般歯科治療

当院では、痛くない・怖くない治療をモットーに診療を行っております。クリスタル歯科センターでは一般歯科治療(虫歯・歯周病などの治療)においても、インプラント治療、審美歯科治療と同じ設備を用いて診療を行います。(各種保険取扱)

例えば、保険適応のコンポジットレジン(白い樹脂)による治療も、噛み合わせや審美的に考慮しながら診療を行い、歯周病治療においては、大学病院歯周病科勤務の経験を生かし、これから先10年20年と自分の歯が使えるように積極的に予防、治療そしてメンテナンスに取り組んでいます。また、各種歯周外科手術も行っています。

当然のことながら、院内感染防止を徹底して、滅菌、消毒された機材、器具、また使い捨てできるものは全て使い捨て(ディスポーサブル)を使用し、虫歯を削るときなどに使用する麻酔はコンピューター制御された麻酔機を使用するなど、患者様の痛みや負担を最小限になるよう診療しております。その他にも患者さまの苦痛が少ない「レーザー治療」、"うとうと"としている間に治療が終わる「静脈内鎮静法(静脈麻酔)」や、「笑気吸入鎮静法」を取り入れ、痛い、怖いのが苦手な方、歯医者嫌いの方にも、安心して治療を受けていただけます。

レーザー治療

今までの歯科治療といえば「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯茎などの腫れを抑え、歯周病を治療し、傷の治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができる他、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。クリスタル歯科センターでは、日本レーザー歯学会指導医、認定医のもと、Nd:YAGレーザー、CO2レーザーの二種類のレーザーを使用することにより高い治療効果をあげています。
ご紹介した治療方法はほんの一例で、他にも色々な治療に応用できますのでスタッフまたはドクターにご相談ください。

虫歯と治療

レーザーは、歯ブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌をやっつけます。
しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなる他、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。

歯周病

歯周病は歯茎から血が出たり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。
レーザーを当てることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。

知覚過敏

水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?
その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。こんな時レーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)を塞ぎ、歯の神経を保護するので、痛みやしみることを防ぐことができます。

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。
入れ歯が当たってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

歯茎の黒ずみ

メラニンという色素により、歯茎が黒くなることがあります。
こんな時もレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。
数日後には元のキレイなピンク色の歯茎に生まれ変わります。

  • メラニン色素沈着
  • メラニン色素除去(レーザー)
一般歯科治療のご相談はこちらから メールフォームより承っております
PAGETOP