HOME >> 審美歯科

審美歯科について

審美歯科には「セラミック治療」「ホワイトニング」「矯正治療」などさまざまな治療法がありますが、本来の目的は「歯の機能回復」を主眼としたもので、その結果として歯並びをよくし、歯を美しくするということにたどり着きます。

目的や治療期間、費用に合わせて治療法を選択し、美しい口元を手に入れてください。美しさを追求する方には、歯茎の形を治す「歯肉形成」なども行っております。美しい口元は相手にとても好印象を与え、笑顔に自信がもてます。
あなたをより魅力的に見せることができるでしょう。

セラミック治療

従来のレジンや金属に代わって「セラミック」を使用した詰め物や被せ物(セラミックインレー・セラミッククラウン)で、歯の治療を行うものや、審美性を高めるために歯の表面を薄く削り、セラミックの薄片を接着する(ラミネートベニア)などがあります。セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現でき、かつ強度も十分なので、金属アレルギーもないので、とても人気のある治療法です。

セラミックインレー

「詰め物」をセラミックにしたものです。従来はレジン、銀、金などがありますが、口を大きく開けたときにチラっと見えてしまうのが嫌な場合にセラミック(またはハイブリッド)を使用します。

セラミッククラウン

被せ物「冠」です。前歯が欠けたりした場合、この治療法をおススメします。
歯茎の変色も抑えられるため、驚くほど自然に仕上がります。

歯肉形成とセラミッククラウン
  • 歯肉形成
  • セラミッククラウン

    歯肉をレーザーで整えました

ラミネートべニア

ホワイトニングが効かない歯の着色や、歯と歯の間に隙間がある場合などにおススメの治療法です。
歯の内部の象牙質は削らないので、歯の寿命が短くなることはありません。

  • ラミネートべニア:治療前
  • ラミネートべニア:治療後

    表面を一層削り、セラミックを接着します

審美歯科のご相談はこちらから メールフォームより承っております
PAGETOP